ローヤルゼリーに含まれる主な栄養

ローヤルゼリーは女王蜂のために作られる蜜で、驚くほどに多くの栄養が凝縮しています。


古代ギリシャの時代には有用性が認められていて、アリストテレスの著作でも取り上げられています。

ラーメンの通販情報を参考にしましょう。

中国においても珍重されていて、王乳という別名もあります。



滋養強壮の効果が極めて高く、人間にとっても有用な健康食品として重宝されていることは世界中で同様です。ローヤルゼリーはサプリメントとして使われることも多く、栄養を補うために重要な役割を担ってくれます。

食事の後に利用しておけば、栄養不足で体調が悪くなる心配がなくなります。


各種のアミノ酸の効果によって、筋肉にたまってしまった疲労も解消できます。

スポーツの後に飲むことで、疲れを翌日に残すこともなくなります。



子供からお年寄りまで愛用できる食品であり、入手しやすいことも魅力です。



ローヤルゼリーには造血成分となる鉄や葉酸も多いため、貧血予防のためにも役立つ食品です。



妊婦にとっても有用となる栄養が多いことも注目すべきであり、実際に多くの女性が利用しています。
疲労回復成分としては、ビタミンB1が多いことも重要です。


ローヤルゼリーからビタミンB1を吸収することで、糖質のエネルギー代謝が促進されて疲れが解消します。

http://news.livedoor.com/article/detail/11944422/

美容成分としては、ビタミンAとビタミンB2が含まれていることも重要です。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201609/CK2016090902000168.html

セロトニンの原料となるビタミンB6も含まれていますから、精神を安定させて健康的な睡眠を得るためにも役立ちます。
サプリメントや健康食品によく利用される栄養満点のローヤルゼリー。様々な症状の改善や予防に役立ち、美容効果も期待できます。
せっかくローヤルゼリーを摂るのであれば、その効果を実感したいと思っている方は決して少なくないでしょう。

そこでポイントとなってくるのが摂取量と摂取するタイミング、そして摂取の仕方です。

まず摂取量ですが、ローヤルゼリーは薬とは違いますので、1日の摂取量が特別に決められているわけではありません。

一般的に認知されているのは500~2000mgです。

ただし、一度に大量に摂取したからと言って劇的な変化がすぐに得られるわけではありませんし、逆に下痢や腹痛などといった症状が引き起こされる恐れもあります。

サプリメントや健康食品で摂る際は、購入した商品の説明や基本摂取量を確認するのはもちろん、その商品を実際に利用している方の意見を参考にするようにしましょう。次に摂取するタイミングですが、ベストとされているのが起床直後。

http://corp.allabout.co.jp/corporate/press/2015/150928.html

身体の栄養摂取能力が高くなっているからです。


起床直後以外であれば、食事中の時や食後がおすすめです。

いずれにせよ、大切なことは毎日決まった時間に摂るということです。
起床直後だと朝の支度で忙しく、忘れてしまいそうだと感じる方も多いでしょう。


ですので、自分が意識して継続的に摂り続けることができる無理のない時間を決めておくことが1番です。最後に摂取の仕方としては、口の中でゆっくり溶かします。


はちみつと違い、ローヤルゼリーには強い刺激や酸味がありますので、お口直しに水を飲むと良いでしょう。

お茶や糖類などを摂取するのは控えて下さい。

お茶には鉄分の吸収を阻害する作用があり、糖類には体内のビタミンB1を消耗させる作用があります。
こうしたことから、ローヤルゼリーの効果が作用しにくくなる恐れがあります。摂取する際は、以上のことを参考にしてみて下さい。

関連リンク

ローヤルゼリーとは何か


ローヤルゼリーというのは、働き蜂が蜜や花粉を材料として体内で合成して分泌した物質のことです。はちみつとはまったく異なるもので、乳白色でとろりとしており、酸味が強いのが特徴です。...

女王蜂の栄養源となるローヤルゼリーの特徴


ローヤルゼリーには万能薬的な効能があるため、古代の昔から不老長寿の秘薬として珍重されてきました。栄養価が非常に高いわけは、女王蜂の栄養源となるからです。...