ローヤルゼリーの摂取方法

ローヤルゼリーは、ミツバチの女王蜂を育てるために働き蜂が分泌する物質で、アミノ酸やビタミン、ミネラルなど栄養素が豊富に含まれていて、健康や美容効果のある健康食品として人気があります。
しかし、生のローヤルゼリーには独特の味があるので、摂取しにくいというデメリットがあります。


生のものを摂取する場合、甘さが強いハチミツに混ぜて飲んだり、冷凍して凍った状態で食べる、ヨーグルトと混ぜる、ジュースとブレンドして飲むといったひと手間を加えることでずっと飲みやすくなります。
また、ローヤルゼリーはサプリメントも多く販売されています。
生ローヤルゼリーの味が苦手という場合は、サプリメントにすると手軽に摂取することができます。


サプリメントとしてローヤルゼリーを摂取する場合は、毎日、欠かさずに飲む、毎日時間を決めて飲む、タンニンが含まれるものと同時に摂取すると吸収率が下がるため、紅茶やコーヒーと一緒に摂取しない、成分が熱に弱いため、温かい飲み物と一緒に摂取しない、という注意点に気を付ける必要があります。また、健康や美容に良いからといって大量に摂取しさえすれば効果が期待できるというわけではありません。

医薬品ではないため、摂取量は定められていませんが、1日当たり約500mg〜から3000mgほどがよいと言われています。
年齢や体格などを考慮して、この摂取量の範囲内で飲むようにしてください。

健康食品ですから、医薬品と違い即効性はありません。
毎日欠かさず摂取し続けることによって健康や美容に役立ってくれるのです。
ローヤルゼリーはミツバチが花の蜜や花粉を食べたあと体内で分解、合成される白色のクリーム状の物質です。


これは本来、働きバチが女王バチや女王バチとなる幼虫に対して与える食事であり、この恩恵を受け、女王バチの寿命は他の働きバチと比較して長くなっています。
ローヤルゼリーにはビタミンB5、ビタミンB6、ビタミンC、アミノ酸が主成分ですが、ビタミンは水溶性ビタミンしか含まれておらず、ビタミンAやビタミンEなどの脂溶性ビタミンは含まれていません。


よって、ビタミンは蓄積性の低いものなので、過剰摂取してもビタミン過剰症が起こるリスクは比較的低いです。
1900年代からローヤルゼリーの人体に与える好影響の研究がなされ、様々な効果が提唱されてきました。

まず、冷え性、肩こり、耳鳴り、血圧低下などの効果があると言われています。
これらは作用部位も異なり、全く関連性のない効果のように感じられますが、これは全て血流を改善することによって、症状が改善する疾患であり、ローヤルゼリーには血流改善作用があることが考えられます。また骨粗しょう症を予防する効果があることが実証されています。ここで、ローヤルゼリーは小腸においてカルシウムの吸収効率を上昇させることにより骨密度低下を抑える効果があると考えられています。


他にもインスリン抵抗性の改善や血中コレステロール減少など多くの日本人が悩まされる生活習慣病に対しても有効である可能性が示唆されています。

旬野菜の定期宅配を知りたい方必見の情報を集めました。

ローヤルゼリーの効果の情報はこちらです。

有機野菜の相談ならココです。

野菜パウダーに関しての関心度が高まっています。

有機野菜について紹介しています。

https://4meee.com/articles/view/369251

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO08735360U6A021C1L60000/

http://girlschannel.net/topics/389336/

関連リンク

ローヤルゼリーとは何か


ローヤルゼリーというのは、働き蜂が蜜や花粉を材料として体内で合成して分泌した物質のことです。はちみつとはまったく異なるもので、乳白色でとろりとしており、酸味が強いのが特徴です。...

女王蜂の栄養源となるローヤルゼリーの特徴


ローヤルゼリーには万能薬的な効能があるため、古代の昔から不老長寿の秘薬として珍重されてきました。栄養価が非常に高いわけは、女王蜂の栄養源となるからです。...